保育施設の充実

昨今の少子化傾向を見るにつけ、社会全体で子育て支援を進めていくことの重要性が改めて認識されますが、その施策の1つとして、保育施設の充実が挙げられます。 仕事を持ちながら子育てをする人にとって保育施設はなくてはならない存在ですが、ご存知のとおり地域の保育園はいわゆる待機児童問題がなかなか解消されない状況にあります。 そこで、いっそのこと職場内に保育施設を設け、就業時間中はそこに子供を預けることができるようにするという動きが出てくるようになりました。これならば安心して職務に専念できますし、緊急の場合にもすぐに駆けつけられるので安心です。 もちろん入所希望が多ければやはり待機児童問題が発生するのでその点は注意が必要ですが、働く女性及び男性にとって強い味方となってくれる存在であることに間違いはありません。

職場に保育施設を設ける動きは近年は一般企業において盛んですが、先駆的な例としては病院内におけるいわゆる院内保育が挙げられます。これは交替勤務制の看護師の子育てニーズに応えたものです。 一方、大学内保育も古い歴史を持っています。初期の大学内保育は女性教員や研究者などの共同運営によるもので、国立大学を中心に設置されていました。その後、私立大学においても大学内保育を導入するところが増加し、現在では何らかのかたちで保育所や託児所を設けている大学はかなりの数にのぼります。 なお、大学内保育独自の特徴として、そこで働く人だけでなく通う人、つまり学生にも利用可能である点が挙げられます。子育てをしながら学びたいという学生の希望にも応える存在となっているのです。