現代の営業

昔は営業の仕事と言えば経験と勘が必要なものという認識があり、育成というよりも現場で覚えさせるといった風習があったものです。理論よりも努力が優先される風潮があり、また個人の適性といったものが重視されるものでもあったのです。 現在では営業の仕事は理論的に分析され、誰もが効率よく結果を出すために有効となる育成が行われています。活動データを分析することによってどのように業務内容を修正すればよいのか、そのノウハウを理解し定着させる形で、社内や社外においてセミナーなどで育成されるようになっています。

営業の仕事は根性よりもデータ分析が優先されるようになってきています。営業マンの行動を最適化することにより、結果を大きく改善することが可能となっているわけです。その分析手段によって、成果に違いが出るようになっています。つまり効率良く育成を行うためには、いかに有効となるデータ分析を行うセミナーに参加するかということに左右されるというわけです。 そこで、育成のためのセミナーに対して、いかに効率良く結果が出せるようになるかのデータ分析をこれからも重視されることになると見られています。そのためにサービス提供を行う業者としても、いかにすれば効果的な分析を行えるのか、その研究を重要な課題として取り組むようになってくると見られているわけです。