営業の人材

企業が実施する営業努力と聞くと、モノやサービスの価格を下げることだという 印象を受けます。 確かにモノやサービスの金額や価格を下げることは必要です。 特に競合他社との相見積もりになることや、インターネットの普及により、 価格の相場自体が下がっている傾向にあるからです。 しかしそれだと、売り上げが圧迫されてしまいます。 そうならないようにするためにも、企業はしっかりとした営業マンの育成に力をいれるべきです。 顧客のニーズを把握し、最適なアプローチを行うことができる営業マンを育成することが、それこそが本当の企業が実施すべき営業努力だと思います。 そのためには企業内でのOJT研修の充実、さらには外部の育成機関への研修という方法を考えることができます。

今までを考えてみると、どのようにして顧客へモノやサービスを売ることができるのか、または利用してもらえるのか、ということが重要視されていたと思います。 しかし、これから必要とされる人材を考えてみると、今までのような営業マン 主体の考え方ではいけないと思われます。 これからは、顧客目線でモノやサービスを提供することができる営業マンの育成が必要になってくると思います。 顧客目線だからこそ、本来のニーズを読み取ることができ、結果につながると考えることができます。 結果につながれば、仕事を行う中でのモチベーションアップにもつながると考えることができます。 だからこそこれから育成すべき人材として、顧客目線で提案ができる営業マンの育成が求められます。